So-net無料ブログ作成

③袋田の滝ハヤブサ物語2016-その3-(白い羽毛に包まれた雛編) [猛禽類]

それでは、お待たせしました!ハヤブサの雛を発見した日の記事です。

5月15日、ハヤブサの観察に瀧見茶屋へ行ってみると・・・

a0.jpg

↑ 屏風岩の上へ、ハヤブサが飛んできました。




a2.jpg

↑ トリミングで拡大すると、ハヤブサの姿が確認できるかと思います。

a1.jpg

↑ どこに入ったかは確認できませんでしたが、飛び込んでいきました。

a3.jpg

↑ しばらくすると、また、餌を持って飛んできました。

この位置からでは、見えない角度なので、吊橋手前の階段を昇っていくことに・・・

そして、天狗岩さらに上まで階段を昇ったところでふと見ると・・・

a4.jpg

↑ 双眼鏡をのぞいて、白い雛の姿をついに確認することができました。

a5.jpg

↑ 拡大して見ると、雛たちの動いている様子がよくわかります。

距離にして150m離れた反対側の岩壁です。

a6.jpg

↑ 伸びあがって親が餌を運んでくるのを待っているのでしょうか?

a8.jpg

↑ 脇の木には母親鳥がとまっています。

a9.jpg

↑ 「親」という字は、「木に、立って、見る。」と書きますが、まさに、そんな感じで親鳥は巣を守っているのでした。

身体の大きな母親鳥が巣の近くで雛を守り、前記事のように、父親鳥が獲ってきた餌を空中で受け取り、巣穴に入り餌を雛たちに与えます。

a7.jpg

↑ この写真で、雛は、三羽いることが確認できました。

餌をたくさん食べて、雛たちは大きく育っていきます。

巣立ちまで、あと20日です。

④袋田の滝ハヤブサ物語2016-その4-(見守る母親鳥と給餌編)へ続く・・・


nice!(34)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 34

nice!の受付は締め切りました

コメント 3

枝動

こんにちは。
正に、「木に立って見る」ですね♪
正面から見ると、美しい真白なんですね。
by 枝動 (2016-06-09 15:59) 

旅爺さん

無事に育つと良いですね。
雛のうちは真っ白なんですね。
by 旅爺さん (2016-06-09 17:24) 

袋田の住職

枝動 さん この頃は真っ白なんですよ。この姿がみられるのは、この時期だけです。

旅爺さん、安心してください。6月4日に無事巣から飛び立ちました。
by 袋田の住職 (2016-06-09 20:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0