SSブログ

第38回梅花流茨城県大会が常総市生涯学習センターで開催されました [梅花講]

昨年は、大子町文化福祉会館「まいん」で開催された、梅花流茨城県大会が、
今年は、常総市生涯学習センターで開催されました。

午前6時に講員さん9名と車に分乗し、途中、山方で常安寺住職で第二教区長を乗せて常陸太田へ
常陸観光のバスに乗って常総市へと向かいました。

開会前に来年5月に北海道で開催される全国大会の旅行の行程を検討し決定し、
打ち合わせをして、開会式に臨みました。

宗務所会副議長である第二教区長と私は都管の役でしたが、ステージの都合で、壇上でなく、最前列の自席での参列でした。

01.jpg

↑ 両班位には各教区長老師が・・・



続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

④ 令和元年梅花流全国奉詠大会が熊本で開催されました [梅花講]

5月22日(水)・23日(木)、熊本県益城町にあるグランメッセ熊本に於いて、
令和元年度梅花流全国奉詠大会が開催されました。

茨城県は23日の二日目の日程に参加しました。

b1.jpg

↑ 益城・熊本空港インターからすぐです。

続きを読む


nice!(11)  コメント(2) 

梅花流師範会の講習会で石岡へ行ってきました。 [梅花講]

2月12日(火)石岡市茨城のグリーンパレス石岡で、梅花流茨城県師範会主催の講習会がありました。

01.jpg

↑ 天気が回復し、筑波山が良く見えます。



続きを読む


nice!(10)  コメント(2) 

② 第37回梅花流茨城県大会がまいんで開催されました♪(後編) [梅花講]

前記事の続きです。

まずは、大子町文化福祉会館まいんの緞帳をご覧ください

b1.jpg

↑ 紅葉の袋田の滝が織り込まれている豪華な緞帳です。

ちょうどこの7日の朝は、年に数日しかみられない、この緞帳の色でした。

幕が上がって、いよいよ第37回梅花流茨城県奉詠大会が始まります。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 

① 第37回梅花流茨城県大会がまいんで開催されました♪(前編) [梅花講]

11月6日(火)、午後は、大子町文化福祉会館まいんで、雨の中、宗務所の皆さんや梅花流師範会の皆さんで準備作業をしてました。

そして大会当日の7日、朝から晴れて、しかも、この時期の大子とは思えないほど温かく絶好の大会日和となりました。紅葉もちょうど見頃です。

県内各地から、梅花講員さんや引率のご寺院さん、寺族の皆さんが集まってきます。

a1.jpg

↑ バスの方は、常陸大子駅前のロータリーで下車し、歩いてまいんへ・・・


続きを読む


nice!(11)  コメント(3) 

④梅花流全国奉詠大会で静岡に行ってきました-その4-(登壇奉詠編) [梅花講]

静岡で開催された梅花流全国大会の記事ですが、いよいよ登壇奉詠の日を迎えました。

宿泊したホテルで朝6時から食事をして、午前8時に出発、20分ほどで会場に到着です。

d1.jpg

↑ 場所は、草薙にあるこのはなアリーナです。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 

③梅花流全国奉詠大会で静岡に行ってきました-その3-(梅花流発祥の洞慶院編) [梅花講]

5月22日(火)は、日本平にのぼり、久能山東照宮をお参りしたあと、静岡市の洞慶院さまへと向かいました。

大型バスで細い道へ入っていくので心配してましたが、警備員がついていたので大丈夫でした。

洞慶院さまへ到着、木立に囲まれた長い参道を歩いていきます。

c1.jpg

↑ 歓迎の横断幕が掲げられていました。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 

梅花流特派講習会が常陸大宮市の高長寺さまで開催されました [梅花講]

10月19日(木)冷たい雨が降り続いた昨日、第二教区の梅花流特派講習会が開催されました。

会場は、常陸大宮市鷹巣の高長寺さまです。

01.jpg

↑ 本堂の中はブルーヒーターが何台も焚かれていたので暖かでした。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 

③梅花流創立65周年記念大会-その3-(下山の道編) [梅花講]

今日は、全国大会後初の梅花講の練習日、全国大火の話や修行中の秘話などをさせていただきました。

さて、第三回目の記事です。

永平寺での修行中、回廊掃除で走り回った廊下や階段を降りていきます。

b1.jpg

↑ 献詠を終えてお参りした承陽殿の門です。

この門の奥が、永平寺で最も神聖な御霊廟があるエリアです。

クリックして、降りていきましょう・・・


②梅花流創立65周年記念大会-その2-(山門から法堂へ編) [梅花講]

23日、予定より若干早く永平寺に到着しました。龍門からは、一般の観光客とは別ルートで、川沿いに進み、通用門を通らず直接山門を目指します

a0.jpg


クリックして永平寺へ入りましょう